活動報告

新春演説会

 市田忠義書記局長を迎えた1月24日の橿原文化会館での演説会には多数のご参加をいただきまして誠にありがとうございました。会場には1400名を超える皆さんにお運びいただきまして、立ち見になるなど大盛況の演説会となりました。市田書記局長も日本共産党第25回党大会(2010年1月13日~16日)後、最初に開かれた奈良の演説会が、開場が溢れんばかりに盛大に行われた事を大きな弾みにして、後に続く全国各地の演説会も励みになるだろうとの事でした。
 市田忠義書記局長や参議院奈良選挙区の太田あつし(現)大和高田市会議員の他、日朝の歴史問題研究の第一人者の中塚明奈良女子大学名誉教授と奈良県医師会の塩見俊次会長からお話をいただき、それぞれの分野での共産党への期待を厚く語りエールを送っていただきました。
 今後とも日本共産党は、こうした政治を前へ動かそうとする皆さんと力を合わせまして、各界各層の期待に沿い意を汲んだ政治の実現に向け、“太田あつし氏”を先頭に力いっぱい頑張ります。どうか皆さんの変わらぬお力添え、より一層のご支持・ご支援を日本共産党へとお寄せ頂きますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。










ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせください。
 
川西町議会議員
芝 和也