活動報告

物は試し

 向こう3カ月の天気予報が伝えられています。それによりますと12月と1月は平年並みかそれ以上に気温は低目で経過するとの事ですから、一定の寒さへの覚悟がいるようですね。反面、2月以降は気温の上昇が例年以上に見られるようで、春の訪れは早いとの事です。と言う事は、今年の冬は寒い反面春の到来を早めに期待できると言う事のようです。ただ、春の到来が早いという事は、花粉が飛び始めるのも早いと言う事らしいんです。なんか、ええのか悪いのか複雑ですね。まぁ、人それぞれに楽しみが有ると思いますが、12月に入った途端に空気が入れ替わって、一気に冷え込むとの事ですから、対策はくれぐれも怠りの有りませんように。 
 さて、来週、29日の月曜日に臨時議会が町長から召集されているんですが、その議案が昨日配布されました。中身は、国家公務員の給与引き下げが実施されますので、それに準じて川西町職員の給与も引き下げる事が中心です。
 これによる町予算に占める影響額は、全体で1千万円程度になるようです。支出がそれだけ減ると言う事ですから、考え方にもよりますが、同額の予算を新たに確保したのと同じ事になりますので、そう言う点では、今日の皆さんを取り巻く状況から考えますれば、くらし応援策に充てる財源として有効活用する事が当然求められる問題です。
 一方、町職員への影響は1人当たりでは年収で8万5千円程度の減と言う事になります。この間、下がる一方の給与体系ですから、これはこれで大変です。果たして何を持って妥当とするのかが問われています。公務員の給与体系は様々な方面で一つの基準に照らされます。ならば、これが下降すれば、全体の方向にも影響する事になりますから、全体の底上げを図るためにも給与体系の見直しは行うべきでないと言うのが、私の基本的な見解です。
 見方を変えますと、国の引き下げ勧告が行われたので、それに準じて実施するのが、町長の基本的な考えです。で、この考え方の是非は別として、この勧告が無ければ引き下げは有りませんので、冒頭にお示しした1千万円の財源は出てきません。つまり財源を作るための施策では無いのです。だとするならば、今回の財源は、意図せず生まれた事になるわけですから、これは、思い切った施策を打った事と同じであります。そう言う点では、この財源、せっかく生まれたわけですから、住民生活応援に大いに充てて行く事が生きた使い方だとするのも、これまた一つの見方ではないでしょうか。
 態度表明は週明けの29日(月曜日)です。午前10時から町議会本会議場で開かれますので、都合の許せる皆さんは、ぜひ、傍聴にお越しください。よろしくお願いします。
 さて皆さん。ここに430万円と言う数字が有ります。この金額は、今日の川西町住民の大凡の年収です。もちろん今お話しした公務員の皆さんの給与もここに含まれています。この数字、過去10年で拾ってみますと、およそ100万円の減になっています。これは、年収がこの10年間で2割減った事を示していますから、各家庭における生活設計も大変です。地域の実情の違いが反映されているのでしょうが、国民全体の雇用者報酬を同じ10年で見れば、約1割の落ち込みですから、川西町の場合はより一層厳しいと言う事です。
 一方で、同じ10年でわが国を代表する世界に冠たる大企業群の懐具合を見てみますと、内部留保金が何と200兆円を超えて149兆円から230兆円へと膨らんでいる事は、本サイトでも幾度となくお伝えしている通りです。何か不思議やとは思わはりませんか。新聞やテレビを見たり、いろいろ世間で聞こえてくる話を聞いたりしていたら、「みんなしんどいから我慢せな」みたいな雰囲気が有りますが、実は、こうして実際にホクホクの所も有る訳ですから、「ほんなったら、そのお金が全体に回るようにして、景気の底上げに使てや」と、皆さんなりませんか。
 一部に富が集中するこの仕組みにメスを入れて、全体に波及する取り組みへの転換を図らん事には、結局のところ、内需は冷え込む一方で何の展望も見出せないと言うのが実態です。問題は、皆さんの前に立ちはだかってはばからない、巨大勢力である財界とアメリカのこの二つの呪縛を取り除く政治のかじ取り以外には、出口は無い物と私は確信します。
 「そんな事言うたかて、その二つが有っての我々やんか」とのご意見も大いに有ると存じますが、これまで景気対策、くらしの応援策等々にいろいろ手を尽くしてきましたけれども、まだ、メスが入って無いのが、この二大勢力への取り組みです。八方ふさがりで先が見えへんのは事実ですから、それやったら、まだいっぺんも手をつけた事の無いここにも手をつけてしかるべきでは無いかと私は思います。如何でしょうか。
 やってみて開くか開かんか試して診るだけの価値は有ると思いませんか。












ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

川西町議会議員
芝 和也