活動報告

今年もありがとうございました

 今年もいよいよ大詰め、今日一日を残すのみですね。今年の年末年始の天候は結構荒れ模様のようですから、寒さ対策をしっかり強めて、暖かくしてお過ごしくださいね。
 さて、新しい年二〇一一年はどんな年になるんでしょうか。何れにしても、今日の閉塞感をどう取り除いて行くのかが問われている事に間違いはありません。

 今年の川西町の取り組みでは、ヒブワクチン接種への助成が四月から始まり、去年、子どもの医療費(入院限定)が小学校を卒業するまでに引きあげられたのに続いて、子育て支援策が拡充されました。そして、懸案の子宮けいがんや肺炎球菌のワクチン助成が、年が明けてからですが新年度を待たずに実施される見通しが立ちました。住民の皆さんをはじめ多くの世論が確かな力となって事を前へ進めた結果に他なりません。まさに、自治体の持っている住民自治の機能が活かされた取り組みになっています。

 自治体がなすべきは、こうした地域の皆さんの暮らしを応援する事ですし、逆にそれを阻もうとする動きが有れば、それらの影響を取り除くべく、皆さんのくらしを守る防波堤の役割を担っているのが、地方自治体の本分だと私は思っています。
 これからもこうした事を踏まえて、皆さんの意に沿い、願いに応える川西町として、町政が一層発展して行くように、微力ではありますが皆さんとご一緒に力を合わせて頑張る決意です。今年も一年いろいろとありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。









ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
 
川西町議会議員
芝 和也