活動報告

議会の在り方

 今日は、6月定例議会に向けた議会運営委員会が開かれました。日程は、本サイトでも案内しているように、13日と17日の両日に本会議を開いて、一般質問も含めてすべて処理する事で了承されました。
 議会運営も含めた議会の有り方ですが。4月の改選で、議員の顔ぶれも半分近く入れ替わった事もありますし、議会に対する住民の皆さんの注文や見方など様々にご意見を頂戴していますから、そうした皆さんの信頼にきちんと応えるに足る議会として歩みを進めていく契機にする事が大事ですし、その機会は、改選された時期である今を逸してはあきませんから、そう言う事からも、審議時間をきちんと確保するべく会期を設定し、言論の府に相応しい質問の持ち方などについて委員長として議論を進めました。
 結論から言いますと、この6月議会も、会期はこれまで通り二日間の本会議で一般質問を含めてすべて処理する事となりました。
 ただ、一般質問に関しては、これまで質問回数が2回。それから、申し合わせで時間は概ね30分と言う事でしたが、ここは時間的にも回数的にあんまり制限を加えんようにして、時間的には1時間くらいのゆとりを持たせて、一問一答方式にしてはと言う事で、議論を図りましたところ、町長の方からも答える側としてもその方が答弁漏れも無くせるやろし、やりやすいとの意向も示されましたが、なかなかすぐにはこうした方向ではまとまりませんでした。それでも、試みとして、時間は概ね30分としても、2回目以降の質問については時間内に納まるならば、回数にはこだわらんとこうと言う事で、6月議会は進める事となりましたので、議論が噛みあい活発なやり取りがひょっとしたら期待できるかも知れません。これを起点として、活発な議論を交わせる条件は整えんと開きませんので、それらの整備に努めて参りたいと思っています。
 また、議会の中身を如何にして住民の皆さんに伝えて行くのか。交わしている議論をどういう方法で伝えるのか。こうした角度から、私の方からは、1.議会だよりを編集して発行する方法。2.ホームページを利用して、議事録を公開し、本会議の模様をネット配信する方法等々について提案し、図ったところ、文章による議会広報については、編集作業等の担い手の問題や、そこでの編集作業の内容等々で支障が出てもまずいので、方向としては、ホームページによる議事録の公開や議会審議の模様をネット配信する方法をとる事で、全体の調整を図ってはどうかと言う議運としての意思統一が為されました。これについては、早晩結論をだすべく、議運の提案で全体の合意が形成されるように努めていきたいと思っています。了解を取り付け次第、議会の意思として、ホームページ上の議事録開示と本会議のネット配信に取り掛かろうと思います。
 この問題での経過や結果も逐次本サイトでもお伝えしていきますので、お待ちください。また、いろんな方策についてお気づきの点も多々あろうかと存じますので、どしどしご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いします。












ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
 


川西町議会議員
芝 和也